審美歯科



┃審美歯科とは

img

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。
バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。
保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。
当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも一人ひとりに合った治療を行っております。



┃主な審美素材

素材
ジルコニア
イメージ
img
特徴
「ジルコニア」とは強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた、セラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です。
オールセラミックスにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。
審美持続
★★★★★
変色劣化
★★★★★
生体親和性
★★★★★
製作期間
2週間

素材
e-max
イメージ
img
特徴
e-maxとは、審美性と耐久性を兼ね備えた最先端のセラミックです。
高い生体親和性で、アレルギーの心配も無く、審美性でも、 天然歯のような最適な色、半透明性や明度を兼ね備えています。
審美持続
★★★★★
変色劣化
★★★★★
生体親和性
★★★★★
製作期間
1週間

素材
メタルボンド
イメージ
img
特徴
メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。
中身が金属で出来ているので、強度がオールセラミックより強く、表面がセラミックで出来ているので、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性などのデメリットがあります。
治療箇所により、比較的強度が必要な個所の治療に適しています。
審美持続
★★★★
変色劣化
★★★★
生体親和性
★★★★
製作期間
1週間


▲ページTOP

© 2015 田向いしばし歯科